横浜公演

amness

聴こえるもの、見えるもの、触れられるものを編み

聴こえないもの、見えないもの、触れられないもののために

振付・演出・出演: 池田扶美代 山田うん

音楽:BL!NDMAN [sax]

使用曲:J.S.バッハ「パッサカリアとフーガ BWV582」ほか

20130331-184650.jpg

©HIrohisa Koike

 

日本ーベルギー
第一線を走り続ける2人のトップダンサー
世界が待ち望むデュオ、いよいよ今秋横浜へ!

ベルギーの芸術文化のみならず社会にまで革命を起こし、今なお世界をリードし続けるダンスカンパニー「ローザス」創立時からの主要メンバーとして知られる池田扶美代。ダンサーとしてのキャリアは30年以上、近年はアラン・プラテルやティム・エッチェルスなどヨーロッパの第一線のクリエイターと組み先鋭的な作品を発表するなか、次なる創作相手として選んだ初の日本人は、ダンサー・振付家の山田うん。

初共演が決まった2人が2011年に始めたことは、1日1単語の交換メール。その単語が900語を超えた今夏、ブリュッセルにて新作「amness」(アムネス)の共同創作がスタート。そして2人はまず作品誕生に向けて独特の振付法を生み出した。これはピュアな計算と直感を互いに引き出すことができる巧みな手法であり、これまでの2人の長きに渡る波瀾万丈なダンス人生がもたらした恩恵によって算出された方法論である。

使用曲はJ.S.バッハ「パッサカリアとフーガ」などのオルガン曲。音源はオルガンではなくブリュッセルを拠点にした気鋭の音楽集団BL!NDMANによるサックス五重奏を使用し、バッハの持つ壮麗さ、誠実さ、そしておおらかさを2人だけの身体で見事に体現している。

昨年KAATでの創作・発表を経て、今秋ついにオーストリアにて開催される国際フェスティバル「Steirischer Herbst Graz」にてワールドプレミアを迎える本作。世界が注目する奇跡のデュオをお見逃しなく!

【日時】

2013年 10月

18日(金) 19:30 開演

19日(土) 16:00 開演

20日(日) 16:00 開演

※各回終了後、トークイベントあり

※開場は開演の30分前

【会場】

KAAT神奈川芸術劇場 中スタジオ web

〒231-0023 神奈川県横浜市中区山下町281

みなとみらい線 日本大通り駅 3番出口より徒歩5分

【チケット】

9月3日(火)劇場先行 | 9月7日(土)一般前売

前売一般 3,500円/学生 2,500円/当日 3,800円<全席自由、整理番号付>

チケット取り扱い:

チケットかながわ 【電話】TEL:045-662-8866

【WEB】http://www.kanagawa-arts.or.jp/tc/

プリコグ WEBショップ  http://precog.shop-pro.jp/

衣装:池田木綿子   照明/音響:Hans Meijer   舞台:鈴木康郎
宣伝美術:舩橋 陽  フィジオセラピスト:尾形直子  制作:上原聴子
企画制作 : Fumiyo & Un/プリコグ
主催 : Fumiyo & Un/プリコグ
提携 : KAAT 神奈川芸術劇場
助成 : 公益財団法人 セゾン文化財団
共同製作:Steirischer Herbst Graz (Graz/Austria)/Les Théâtre de la Ville de Luxembourg (Luxembourg)/PACT Zollverein (Essen/Germany )/CC. De Grote Post (Oostende/Belgium)

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: